歯科医になった経緯 その5

三ノ輪歯科アクセス 早朝診療 ⇒ 7:00 診療開始!
休日診療 ⇒ 土日祝は三ノ輪歯科
深夜,夜間 ⇒ 090-3503-8871
早朝7時~19時 水日祝 7時~13時
03-6806-6816

EPARK歯科ネット診療予約

経緯
  1. TOPページ
  2. プロフィール
  3. 歯科医になった経緯

模擬試験と母

こんな状態でしたので、模擬試験を受けに行く時でも起こしてなんかくれませんし、自分で弁当をこさえて出かけました。大学に入ってからの生活を考えると、一銭のお金も無駄にはできませんでした。
弁当のおかずはお弁当の定番、決まって目玉焼きと焼き海苔を白米に敷き詰め、醤油をかけただけのものでしたが、むしろそれを楽しんでいましたね。
(こんな侘しい生活は二度と味わえないだろうなあ) という気持ちから。

模擬試験は毎週日曜日が来るたびに受けに行きました。どっかしらの予備校で入れ替わり立ちかわりやっていましたから、これは共通一次試験試験日の1月24、25日の2週間前まで受け続けました。
大晦日も元旦も模擬試験でした。
おふくろが反対でも、模擬試験の成績は全部見せました。とにかく田舎国立大医学部を志望校にすればいつも 「合格圏以上」でしたから。
さすがに東大医学部を志望校にしたときには 「かなりの努力を要す」 でしたが(笑)。

母親に試験の成績をちゃんと見せるなんていうのは、小学校以来だったでしょうね。
そうこうするうちに、母親が弁当をつくってくれるようになりました。
(実はそこそこの頭脳をもっているんだなあ)と母も思いはじめてきたのでしょうね。
だけど所詮は大学受験。ノーベル賞もらうわけじゃないんですから、頭脳の良し悪しではないですよ。試験に出る問題を頭に叩き込めばいいだけです。やったらやっただけの成果があがります。だから模擬試験は面白いんですよ。
よく 「試験は水もの」 とか 「まぐれ」 とか世間では言いますが、それは試験と言うものを知らない人のセリフですよ。実力があるから受かるし、実力が無いから落ちるんです。
試験と言うのは案外公平ですよ。ぼくらが高校生のときに、都立戸山高校の佐藤忠という先生が初めて試験に偏差値を持ち込んだのですが、偏差値50の奴は何回受けてもそのあたりで落ち着くのです。試験の度に変動が激しいなんてことはありません。

12月になってからだったと思いますが、卒業した高校に内申書をもらいにいったのですが、私の知ってる先生はもう誰もいませんでした。くびふり赤坂(この先生、首を振りながら歩くんです)だけ、まだ教鞭をとっているということでしたが、入院しているとのことでした。校舎はそのままでも時の流れを感じましたねえ。必要以上の3通だしてもらいましたが、当たり前ですが評価は昔といっしょ。「認定平均値3.2のCランク」 とありました。
(今なら4.5のAランクは堅いのになあ)
と思いながら、認定平均値3.2と引き換えにして得た楽しかった高校時代を思い出していました。
と同時に
(今の気力があの時に あったならなあ) とも考えていました。 「後悔先に立たず」です。そこには
(受験までの一日一日を悔いの無いようにやらにゃいかんぞ)
と決意を新たにした、ちょっとトウの立った高校生がいました。

次のページ→歯科医になった経緯6 受験直前

TOPへ

土日祝も診療・24時間急患対応 早朝7:00~19:00 水日祝 7時~13時
三ノ輪歯科アクセス 03-6806-6816

EPARK歯科ネット診療予約

メニュー

ドクター紹介

インプラント 費用について

クリニック案内

歯科用CT 撮影

メディア紹介
クレジットカード
デンタルローン

歯科医師 求人

バーコードで
携帯サイトを表示できます

Nobel Biocare
ノーベルバイオケア

ページの先頭へ

インプラント 費用 低価格