X線撮影の比較:お知らせ

三ノ輪歯科アクセス 早朝診療 ⇒ 7:00 診療開始!
休日診療 ⇒ 土日祝は三ノ輪歯科
深夜,夜間 ⇒ 090-3503-8871
早朝7時~20時 日祝 7時~昼12時
03-6806-6816

早朝7:00~夜間21:00 休診日:土日祝
新日本橋歯科アクセス 03-5255-0600

お知らせ

2011年8月22日

X線撮影の比較

カテゴリー: お知らせ, コラム — admin

撮影

東日本大震災に伴う福島原発の放射能漏れをきっかけに 我々のX線被曝に対する危機感は かつてなかったほどに 高まっております。

日本の法律では一年間に被曝することのできる放射線量は50mSv(ミリシーベルト)とされているそうですが、これは国際的には大甘な基準であって 原子力発電施設関係者が実際的に定めている放射線量は20mSvで これ以上被曝した場合 その後一年間は原発関係の仕事には就けないそうです。

我々の診療でもレントゲン装置を使用しており、撮影による被曝からは避けることはできません。
そこで、歯科医院で使われるレントゲン機器の放射線量がどれくらいの値であるか説明しましょう。

一般人が1年間に自然に受ける放射線量(自然放射線量)は 2.4mSv  であることを覚えておいてください。(但し、赤道に近い国々の人々や高度の高い国は10mSv以上 東京~ニューヨーク間往復で0.2mSv と言われています。)

①アナログX線撮影の比較

歯科レントゲン撮影(小さい写真) 0.02~0.04mSv 自然被曝 3~6日分 に相当
歯科パノラマ撮影(大きい写真) 0.04mSv 自然被曝 6日分 に相当
胃のレントゲン撮影 3.3 mSv 自然被曝 1年分 に相当
胸部のレントゲン撮影 0.4mSv 自然被曝 2か月分 に相当
頭のCT撮影 2.4 mSv 自然被曝 1年分 に相当

日本医学放射線学会によると 医科のX線撮影では0.1mSv(頭部撮影)~3.3mSv(バリウムを使っての胃撮影)だそうです。

②デジタルX線撮影の比較

通常 デジタルレントゲンでは 被曝線量はアナログの10%~25%となりますが
当院ではCT機能を搭載しているため ほとんどアナログレントゲンの線量 と変わりません。

歯科デジタル撮影(小さい写真) 0.002~0.02mSv 自然被曝3日以下
歯科デジタル撮影(大きい写真) 0.004~0.02mSv 自然被曝3日以下
歯科パノラマ撮影(CT) 0.03mSv 自然被曝 4日分 に相当
頭部 CT撮影 2.4 mSv 自然被曝 1年分 に相当
胸部 CT撮影 9.1 mSv 自然被曝 3.8年分 に相当
下腹部CT撮影 10.5 mSv 自然被曝 4.4年分 に相当
上腹部CT撮影 12.9 mSv 自然被曝 5.4年分 に相当

ほとんどの歯科医院ではレントゲン撮影をする際には 鉛の入った防護エプロンをしてから撮影します。鉛は放射線を透さないので肺、胃、腸、卵巣などは、放射線による被爆をほぼゼロにすることができます。レントゲン写真を撮影した後に妊娠に気付いてパニックになる人がいますが、妊娠初期を含めた全期間を通じ、歯科で撮影するレントゲン写真は安全です。放射線量は極めて低い上、腹部は鉛の入ったエプロンで覆われているからです。
奇形や精神発達遅延が現れるのに必要な放射線量は250mSv以上だとされています。
これは歯科医院で アナログのX線写真を6000枚以上エプロンなしで一度に撮影した量と同じです。

土日祝も診療・24時間急患対応 早朝7:00~20:00 日祝 7:00~昼12:00
三ノ輪歯科アクセス 03-6806-6816

早朝7:00~夜間21:00 休診日:土日祝
新日本橋歯科アクセス 03-5255-0600

ページの先頭へ

三ノ輪歯科