治療費 根拠 インプラント

三ノ輪歯科アクセス 早朝診療 ⇒ 7:00 診療開始!
休日診療 ⇒ 土日祝は三ノ輪歯科
深夜,夜間 ⇒ 090-3503-8871
早朝7時~20時 日祝 7時~昼12時
03-6806-6816

EPARK歯科ネット診療予約

media
  1. TOPページ
  2. メディア紹介
  3. 夕刊フジ

インプラントを取り入れた経緯と治療費の根拠

2006年(平成18年)09月30日号

三ノ輪歯科・大澤先生に聞く―シリーズ(2)

今では月々40本ものインプラント治療を行う大澤先生も歯科医になって数年は、インプラントは治療の選択肢にはなかったという。
どういう経緯でインプラントを治療に取り入れたのか、そして15万とい治療費の根拠とは?

入れ歯とは違う有効的な手段

―どうして当初はインプラントを考えていなかったのでしょうか?

私は子供相手の商いをしていた駄菓子屋の長男として生まれました。父も母も朝は6時には起き、番は10時ごろまでほとんど年中無休で働いていました。昭和30年代当時というのは国民みながそんなふうに働いていましたが、なかなか豊かにはなりませんでした。歯の治療といえば我々庶民は全て保険治療、保険外治療(自費治療)なんて縁がありませんでした。
ですから歯科医になってからしばらくは「極力休まず。うまい治療を全て保険でやる」のが「いい歯医者だと」信じてやってきました。従ってどんな保険外治療もやるつもりはなかったのです。
また、親友の母親から言われた一言も抵抗線になっていましたね。

―その一言とは?

昭和63年、同級生に遅れること16年(笑)で大学に入ったのですが。親友のところにその旨報告に行った折り、彼の母親がこう言ったんです。
「歯医者さんになってもインプラントはやっちゃダメよ。あたしゃねぇ、有名な先生にやってもらったけどすぐダメになったからねぇ。お金をドブに捨てたようなもんだよ…」

―そんな先生がインプラントやり始めた理由は?

彼の母親がインプラントをやったのは昭和50年頃ですが、60年代前半に素材としてチタンが登場し、インプラントの治療が劇的によくなったのです。それと「治療上の必要性」に迫られたからなんです。

治療は常に永久処置で…

―「治療上の必要性」ですか?

ブリッジや入れ歯に代わるものとしてインプラントは位置づけられていますが、特に「部分入れ歯」の為害性を考えた場合には断然インプラントが有利です。「総入れ歯」は裏面に入り込んだ唾液の表面張力で維持されるのですが、「部分入れ歯」ではこういった維持力以外に残っている歯に引っ掛ける(これを鉤(こう)と言い引っ掛けられる歯を鉤歯(こうし)という)ことで維持力を大きなものにしています。
また「部分入れ歯」では「総入れ歯」と違って唾液が逃げない形態をつけにくいことから、鉤のもつ役割は大きく、鉤歯にはかなり大きな負担がかかります。どんなに緊密な「部分入れ歯」を作っても、噛むたびに前後左右・上下の動きが生じたり、或いは取り外す度に余計な力が鉤歯にかかり、長期的にはこの鉤歯が長持ちしないのです。 具体的には歯周組織を破壊してくるために次第に歯が揺れてきます。土の中に打ち込んだ棒を抜くのに前後左右に何回も揺らすと次第に周辺の土が崩れてきて棒が抜きやすくなるのと同じです。
また、どんなにピッタシな入れ歯であってもその「鬱陶しさ」からは逃れようがありません。 「より快適に、より機能的に」という患者の欲求を満たすためにも、また「治療は常に永久処置でなければならない」と考える私自身のスタンスを貫くためにもインプラントは有効な手段なのです。

―ところで、15万円でやって採算が採れるのですか?

私が採用しているAQBインプラントは東京医科大学医用器材研究所とアドバンス社が共同開発し1994年から販売されています。これは骨成分であるハイドロキシアパタイトをコーティングすることで骨癒合の短期化に成功たチタン系インプラントでメーカー納入価格は33,600円ですから、オペにかかる諸々の経費を差し引いても十分な利益を頂いております。ただし、2回法だと部品が多く、原価で5万強、技工料金も5万程余計にかかりますので25万円/本ということにしています。

数十年の紆余曲折を経て、材質的形状的な問題は殆んど解決しインプラントと言えばチタン製で円筒状のものを指すようになりました。昔は高かったものが技術革新を経て、需要の拡大とともに求めやすい価格になっていくのが市場経済の原則です。
インプラントもそんな時代にさしかかっているのではないでしょうか。

平成18年09月30日 夕刊フジ インタビュー記事より抜粋

▲2006年(平成18年)09月30日号のTOPへ

土日祝も診療・24時間急患対応 早朝7:00~20:00 日祝 7:00~昼12:00
三ノ輪歯科アクセス 03-6806-6816

EPARK歯科ネット診療予約

メニュー

ドクター紹介

インプラント 費用について

クリニック案内

歯科用CT 撮影

メディア紹介
クレジットカード
デンタルローン

三ノ輪歯科の口コミ

歯科医師 求人

バーコードで
携帯サイトを表示できます

Nobel Biocare
ノーベルバイオケア

ページの先頭へ

インプラント 費用 低価格